ストレスを取り除く

DCTV処理サービスは、クライオ処理と特殊エージング処理を組み合わせた独自の音響処理を既存の製品に施すサービスです。金属製の楽器本体、リガチャーやマウスピース、金属製のパーツ等に施すことで聴感的にストレスのない音質と吹奏感の変化を感じることができます。(感じ方には個人差があります。)

 

2種類の特殊処理について

【クライオ処理】

金属に極低温(-196℃)処理を施すことで金属を構成する分子の並びが均一になり、加工の際に生じた歪みなどのストレスが取り除かれます。

*鉄以外の非鉄金属には処理による視覚的な変化はありません。聴感上はストレスのない音へと変化します。(感じ方には個人差があります。)

 

【特殊エージング処理】

金属製の楽器は長期間、継続的に演奏することで徐々に硬さが取れ馴染みが出てきます。金属に特殊な振動処理を施すことで、聴感的に長年使い込んだかのような音質変化が得られます。

条件など 

  • 弊社製品取り扱い店舗を対象としたサービスです。

  • 処理中または運送中に発生する破損に対する保証は致しかねますので、 予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

  • プラスティックなど金属以外の素材は、処理によって破損する可能性がございます。処理前に取り外すか、ご遠慮下さいますようお願い申し上げます。

  • 処理後、処理済みのお印として、打刻またはリューターによるマーキングをさせていただきます。

  • 詳しくは弊社担当まで事前にお問合わせ下さいますようお願い申し上げます。